TARAch-UP!(たらっちあっぷ)

30代一児の母が書く雑記ブログ。外見力アップのために実践したことをシェアしています。

身近な人のこと、知ってる?

こんばんは。 ヒューマンデザインシステムのリーディングを受けてからというもの、周りの人のレイヴチャートが気になっているminhoan(みんほあん)です。

ヒューマンデザインリーディングはまさに私のことを「言い当てられてる」感じだったので、家族や友人のこともわかる範囲で調べてみました。

タイプ分けだけでもかなりの納得度

マニフェスター、プロジェクター、ジェネレーター、リフレクターという4タイプがあるんですけれど、これ、かなーり納得度が高いです。

詳しいことは公式ページを見てください。このタイプ分けを知るだけでかなり有益なんじゃないかな?

少なくとも、今のところ知人友人、家族数人を見て『確かにそのタイプだよね』という感想を持ちました。

私はプロジェクターなんですが、過去引け目みたいなものを感じたり、あの人は真似できないなと思ったりしていた相手が軒並みジェネレーターで笑っちゃいました。

エネルギーの量が違うんだから、そりゃ真似できないなと感じるわけだ。納得。

息子とわたしのチャートの共通点

先日Twitterでもポツリとつぶやきましたけれど、この写真の赤丸、すごくないですか?

この偶然?の一致!!

母から子へ受け継がれるものがあるのかな?びっくり。左が私で、右が我が子です。

あ、ところでヒューマンデザインは取り扱い要注意な知識がたくさん詰まっているので、ネット上の情報も細かく規制されてるらしいです。 私もここまで公式で調べてわかる範囲のことしか書いてませんが、ちょっとドキドキ。

まあそんなわけで、ヒューマンデザインに関してネットで得られる情報には限界があります。

マイダンジョンカードのチャートを出し、さらにそのカードを画像検索して照合し、レイヴチャートの見方を推測するなんてこともある程度可能かもしれませんが、正確じゃありません。

それでは本質的なことがわからないままになると思います。

私自身リーディングを受けてみてわかったんですけど、いっちばん大切にしなきゃいけないことは、やっぱり資格を持つアナリストさんに見てもらった方が確かです。あ、リーディングはもちろんお金かかるよ。

私は今、LYDというヒューマンデザインの基礎基本にあたる講座が気になっているところ。 でもお値段がなかなかのものなので、時機が来てピンと来たら受けようかな。うん。

と思ってたら今日清野さんがLYDの講座、オンラインでも開くかもって発言されてた。

おおぅ…。受けてみたいけどお金が…。

あれ、これって直観を思考が止めてる?

足りないものを追いかける

ミッシングゲート。 私には「強く求めてしまいがち」な番号のゲートが1つあります。どうも、その影響でスキルを極めなくては…となるみたい。

足りないものを埋めたがるんだそうで。

でも、本当は持ってないものをがむしゃらに追いかけるんじゃなくて、持ってる人に出会うといいんだって。

夫と息子には私のミッシングゲートはなく、(ただしそれぞれ面白い発見あり)親しい友人数名を調べてみましたがそちらにも該当するゲートを持つ人はいませんでした。

が、ふと実の兄のチャートを見てみたら…

あったーーー!

そうか、〇〇番は兄が持ってたんだ…。今は遠く離れたところに住んでますが、一緒に育ったので何かしら影響を受けていそうですね。

人によっては、ミッシングゲートに当たる番号を持ってる人と一緒になると、体感的に変化がある場合もあるんだって。

不思議な話ですね。

眠いので今日はここまで。 おやすみなさい。