TARAch-UP!(たらっちあっぷ)

30代一児の母が書く雑記ブログ。外見力アップのために実践したことをシェアしています。

あなたは大丈夫?何気なく撮られた写真に写った姿こそが真実!

昨日は久しぶりに休日らしいことをしました。少し遠出をして、大きな公園でのんびり。

テントを広げてお昼寝をしている人たちがいて、ほっこりしました。

そんなまったりした時間に夫が不意打ちで写真を撮ってきて、目を疑いました。

これ、おばさんじゃん!

不意打ちの写真に写っていた姿

この人。

はい、わたしです。普段の自分ってこんな姿なんですね。

写真を見て最初に「わたし、こんなに寸胴で短足だったのか…」とショックを受けました。

普段は気合入れてポーズしたり顔作ったりしてるので、気づきませんでしたが、不意打ちされると真実が写るんですね…。

着こなしがよくないのもあります。

…が、

ショックです。

鏡の前にいる時だけ「すてき」になったって…

この写真では少しわかりにくいのですが、この時、襟は左右にずれ、パーカーもめくれていてました。

かなりだらしなかったです(涙) 恥ずかしい(>人<;)

自分の姿を全身鏡で見る時間なんて、出かける前のほんの数分。 他の人から見られる時間の方が格段に長いです。

昨日、出かける前はウエストインしたりパーカーの開き具合を調節してボーダーが見える面積を計算したりしてました。

でも、バタバタと食事をし、息子のお世話に追われていたら、あっという間に写真の姿に(涙)

外出先で鏡を見る回数、増やそうかな。

美しい人ってどんな人

質のいいもの、おしゃれなアイテムを持っていたとしても、物を雑に扱っている人は美しく見えません。

姿勢や所作、言葉遣いがきれいで、さらに髪の毛や爪先、メイクなど隅から隅まで丁寧に気を配っている人がいたら間違いなく美しいですよね!

そして、そういう人は不意打ちの写真でもきっときれいだと思います。

そういう人に、わたしはなりたい。( ・∇・)

きれいかどうかって、結局外見にエネルギーを注ぐかどうかだよね。

スキンケアにヘアケア、ヘアセット、服の手入れに爪の手入れ…。 外見磨きってどれだけでも手をかけられます。言い換えると、ゴールがありません。

twitterを見ているとたくさんのコスメを試して毎日メイクの研究をしているような人がたくさんいます。

きれいな人はやはり【きれいであるための行動】をしてるんですね。

外見は自分の名刺だと言います。 今のわたしの名刺、他の人にどう見えてるかな?

ふとした写真から、そんな風に思いました。