TARAch-UP!(たらっちあっぷ)

30代一児の母が書く雑記ブログ。外見力アップのために実践したことをシェアしています。

【子育て】「ヒステリックに怒ってしまった…」の自己嫌悪

ついにやってしまいました…。 タイトル通り、感情に任せて子どもに怒りをぶつけてしまいました。

子育て中は多くの人が経験するであろう、怒った後の自己嫌悪。わたしもついにやってしまいました。

1才3ヶ月の息子、何度も皿をひっくり返す

ここ1週間ほど、息子が毎日のようにお皿をひっくり返して落としたり、マグを投げたりしていました。 以前も食べ物を床に落として覗き込むという行動はあったのですが、成長の過程かなーなんてのんきに思っていました。(もちろんダメだよとは言っています)

が、何やら今週は様子が違いました。 なんというか、バタバタしてるというか、落ち着きがないんです。

「ヒィイーウー〇△◻︎!」と叫び声を上げる時もありました。

怒りに任せてわたしも皿をひっくり返す

最初の頃は、 「ん?どうしたの?お腹いっぱいで食べたくないの?」

「体調でも悪いの?」

「のどでもつまらせたっ?!」

なんて、比較的落ち着いて(?)対応していました。

「食べ物、落とさないで。もったいないよ。お腹いっぱいなら手を合わせてごちそうさまだよ。」

と伝えたり、皿そのものを回収したり…。

でも、今日はそれができませんでした。

言い訳みたいですが、朝から頭痛と戦いながら用意した食事をわざと落とされ、昼も皿とパン、マグを払い飛ばされ、投げられてブッチーーーンと何かが切れました(>人<;)

普段なら毅然と「ダメ!」と言うだけのところです。

でも、今日は息子が投げた皿(一応書いとくとプラスチックです)とパンを拾って全力で座布団にぶん投げ、マグも同様に吹っ飛ばしました…。

扉をピシャンッ!部屋を出ます。

「やっちゃった…」

わたしがこんな風に怒るのは初めてです。あまりのことに息子はびっくりして泣いていました

いいお母さんでいたいのに…という自己嫌悪

わたしは、叱るときに物を投げたり手をあげたりするのは最低な行為だと思っています。 自分よりずっと弱い相手です。

感情をこめるのはいいけど、感情が爆発してしまうのはダメ。 叱るとき、冷静でいたい。

なのに、…なのに…。

投げたパンとマグを拾ってドアをバタンと閉め、深呼吸。

自己嫌悪しかありません。

怒りの原因を分析する

自分を否定された気になった?

怒りは二次感情。怒りの元には一次感情が隠れています。

わたしは悲しかったんです。

作った料理を度々ぐちゃぐちゃにされて。 息子にうまく伝わらなくて。 そもそも、息子がなぜお皿をひっくり返すのがわからなくて。

自分では工夫しているつもりなのに、うまくいかなくて。

なんだか、わたしのしているあれこれが、否定されているような、そんな感覚だったかもしれません。

事実と解釈を区別できてる?

以前石谷さんの子育てコーチングcafeで学んだことの中に、「事実と解釈を区別する」ということがありました。

受講中は「えー、そんなのできてるよー」と驕っていたわたしですが、できていませんでした。

今回のこと、事実は「息子が皿をひっくり返し、マグを投げ飛ばした。」これだけ。

「ご飯を食べたくない」「体調や機嫌が悪い」 「いたずら」「投げたらどうなるか知りたい」「ご飯がまずい」 などはすべて解釈です。どれが正しいかはわかりません。

偏った解釈に基づいて叱ろうとすると、負の感情がわいてきて怒りがこみ上げてきそうになります。

でも、事実に基づいて叱ったらどうでしょう。

「息子が皿をひっくり返した」 「マグを投げた」

という事実に対しては、

「ダメだよ。お皿も痛いし、危ないよ。食べ物ももったいないよ。せっかく作ったのに、ママも悲しいよ。」

「こぼれちゃうよ。マグも壊れちゃうよ。」

と言うだけで済みますよね。

こうやって言えたらよかった…。

息子に「ごめんね」

パンとマグを拾って息子の元に戻ると、一歩も動けずに大泣きする息子を見て胸が痛みました。こんな小さな子の目の前で、なんてことをしてしまったんだろうと。

すぐに抱きしめて、 「ごめんね、ごめんね。ひどいことしたね。

ママ、ご飯ひっくり返されて悲しかったんだよ。せっかく用意したのに…って。

物投げてごめんね。怖かったよね。悲しかったよね。もうこんなことしない!

(息子の名前)も食べ物を投げたりひっくり返したりしないで欲しいよ。」 と伝えました。

伝えるためというよりも、自分の心を落ちつかせるために言葉を紡いだという方が正しいかもしれません。

息子はそんなわたしの顔を見つめて、泣き止んで、もう一度ご飯を食べ始めました。

食べ終わったときに見せてくれたのは、ニコニコの笑顔です。

最後に

今日のこと、ブログに書くのは少しだけ勇気がいりました。 実際はどうあれ、ブログの中でくらいは「いいお母さん」でいたかったから。

でも、同じように自分の感情とうまく付き合えなくて、子どもと過ごす中でイライラしてるお母さん、いると思うんです。

完璧なお母さんなんて、きっといないから。

わたしも、今日のことを反省はするけれど、くよくよしすぎないようにします。

※子育てコーチの石谷さんがMCを務めるラジオ番組がスタートしました!

「ママ大好き チュッ」 FMしろいしにて。