ママたら!

良妻賢母になりたい普通ママが書く、内面&外見力アップのための研究ブログです。

美塾上級(2)【魅力マトリックス上級】嬢と姫、どちらのタイプ?判定してもらいました。

こんにちは。たらママです。今日は全国的に成人式日和。良いお天気で何よりですね。 街で晴れ着姿のお嬢さんを見かけて、微笑ましい気持ちになりました。わが子もいつかは…。いやいや、まだまだ先だな。

さて、今日は美塾上級2回目のレッスンのレポです。 「魅力マトリックス上級」では【凜・艶・萌・清】という4分類がさらに細分化され、それぞれ【嬢・姫】に分かれます。つまり全部で8分類。 嬢と姫では醸し出している雰囲気が異なり、似合うメイク方法が変わってきます。

嬢は〇〇〇〇を意識して、姫は〇〇〇〇を意識する。

北海道・函館美塾の浅田先生のブログで魅力マトリックス上級についての記事が公開されていて、受講前から興味津々だったわたし。 実際にレッスンで判定をしてもらい、メイクを実践してみたら…なかなか面白かったです。うん、上級は楽しい。

わたしは、『清』の『嬢』でした。

嬢と姫の違いの中に、『嬢は盛り上げ役っぽい。姫は聞き役っぽい。』というのがあります。 わたしはこれを先述の浅田先生のブログで知っていたので、「あー、じゃあわたしは姫か。」と思っていました。

が!!!

が!!!!

レッスンでの判定結果は、清『嬢』。 芸能人で言うと、長澤まさみさん、松たか子さん、広末涼子さん、菅野美穂さんなど。

(※余談ですが、レッスン後に『嬢』のメイクをした状態で夫に顔を見せたら、「なんか長澤まさみっぽいね。」と言われました。すごいね、魅力マトリックス。)

『嬢』と『姫』は見た目からのみ判定される。(実際の性格には関係がない。)

わたしは診断で使われる3つの質問のうち2つで「嬢」と判定されたため、予想と反する結果になりました。 1つ目の質問は「盛り上げ役or聞き役、どちらであってほしいか。」というもので、それは予想通り「聞き役=姫」。 でも、残り2つの質問で「嬢」になったんです…。「そうか、そう見えるんだ!」と目からウロコ。

意外でした。夫もわたしの内面を知っているので「〇〇より〇っぽいから、姫っぽいのにね。」と一言。

でも、塾生さん・講師さんみんながわたしを「嬢」だと判定するなら、初対面の印象は「嬢」なんでしょうね。

『清』=さわやか癒し系、『嬢』=活動的で元気、明るい。1対多が似合う。

おお、なんか素敵。

そういえばカラードフロリスの初対面ワークでも「少女っぽい」「さわやかで、思い立ったら即行動!」と言われてました…。

半顔メイクで魅力を確認!

マトリックス判定の後は『嬢』メイクと『姫』メイク両方を半顔ずつやってみました。 生徒同士で顔を見比べ、どちらがいいのか確認。

わたしは判定通り、「嬢の方がかわいい」と言われました。 反対に、嬢だと田舎っぽく見え、姫だときりっと素敵に見えると言われている生徒さんもいました。

同じ化粧品を使っているのに、ちょっとした意識の差で顔が違って見えるなんて、不思議ですね。

次回は第3回【グラデーション】。どんどんきれいに美しくなる同期さんたちを見て、いつも刺激を受けています。わたしももっともっときれいになるぞ~。