TARAch-UP!(たらっちあっぷ)

30代一児の母が書く雑記ブログ。外見力アップのために実践したことをシェアしています。

【大人の歯列矯正】バンド装着の前に確認して!

こんにちは。たらママです。前回の更新から10日も経ってしまいました。 実は家族全員が胃腸風邪に倒れ、わたし自身も38度を超える熱で2日間まるっと寝ていました。 そして、回復後は息子の誕生日とクリスマスを挟み、あっという間に年末に。

みなさん、風邪には気を付けてくださいね。

さて、今日は歯列矯正について。 10日前に「バンド」を装着したのですが、これがまだ不快で…。 これから矯正を始めようと思われてる方にどうしても伝えたいことができたので書いておきます。

バンド装着からブラケット装着までの期間を必ず確認しましょう!

バンドは矯正装置が外れないようにするため、奥歯に装着されます。わたしの場合は6番目の歯上下についているため、4か所です。

いろんな矯正ブログに書いてあるのですが、この装置、舌にひっかかるんです。 舌のバンドは外側にしか出っ張りがないのですが、上の装置には内にも外にも出っ張り部分があり、頬や舌の動きを邪魔します。 ほんのちょっと異物があるだけで、めちゃくちゃ不愉快です。

歯が動けば前向きにとらえられるのですが、バンド装着だけでは当然歯は動きません。引っ張ってないからです。 通常、バンドをつけただけの状態で長いこと過ごすことはあまりないようなのですが、私の場合は一か月もバンドだけの状態で過ごすことに。

年末年始休業をはさむことと、当初の治療方針を変更したことによるものです。(ほんとなら抜歯するはずだったものを、アンカースクリュー矯正にしました。)

本来ならブラケットをつけるまでの間に一般歯科で小臼歯4本を抜歯するので、そのための1ヶ月だったようですが、抜かないので無意味です。 歯みがきもしづらいし、食べにくいしで口の中が不快極まりないです。

こんなことなら、年が明けてからセパレーション(青ゴム)とバンド装着をやってもらえばよかった…。

食べるときに頬を噛んでしまうことはここ数日で減ってきましたが、無駄な期間を過ごすことになってしまって悲しいです。装置が口の中に入ってるだけで虫歯リスクだって高まるし。

これから矯正を始める方。どうか私の二の舞にならないよう、お気を付け下さい。

(先生も、そのへんもうちょっと配慮してくれてもいいのにね~。)

バンドの不快感を和らげるために効果的だったこと

これ、意外なんですけど、口角をあげてにこやかにしてると、不快感が減ります。 気もちの問題とかじゃなくて、顎の力が抜けて、金属が頬に当たらなくなります。

しかも、舌がちょっと浮くからか、唾液が出やすくなります。

バンドをつけてるとなぜか口が渇くのですが、意識して口角をあげていると、ちょっと唾液が出てきます。わたしだけ?

唾液がしっかりでると虫歯が出来にくくなると聞いたことがあるので、ブラケット装着まで「真顔が笑顔」状態で乗り切ろうと思います。

もしバンド装着中で不快感に苦しんでいる方がいらっしゃったら、試してみてください。 そして結果を教えてください。