TARAch-UP!(たらっちあっぷ)

30代一児の母が書く雑記ブログ。外見力アップのために実践したことをシェアしています。

まつ毛パーマでパッチリ目に!おまけに二重っぽくなった。

いきなりですが、今日は写真から。

どちらもわたしの目です。 上は普段のわたしの目。下はまつ毛パーマをした状態。

上は見ての通りすっぴん、下はアイシャドウやアイブロウメイクのみ。マスカラは塗っていません。確かアイラインも引いてないはず。

まつ毛パーマってすごいですね( ´∀`)

もともと寝不足や寝過ぎの影響で二重っぽくなることはあるのですが(加齢です)、まつ毛パーマかけてからはちょくちょくはっきりした二重線が現れています。

まつ毛がひっぱられてるから?

驚きました。

今日は、まつ毛パーマをかけてみて良かったこと、気になったことをレポートします。

良かったこと

(1)時短

まつ毛パーマをかけると、メイクが楽になります。当然です。まつ毛が常に上がってますから。

特に、わたしのように目の形に合うビューラーと出会えてない方にはおすすめ。

マスカラを塗らなくても目がぱっちりして見えるので、近所に行くくらいならノーマスカラでも問題ありません。

(2)まつ毛への負担軽減

目のカーブが浅かったり、目が小さかったりすると、なかなか合うビューラーは見つかりません。

わたしの場合、いつもホットビューラーもしくは部分用ビューラーでまつ毛をカールさせていました。

これって、結構まつ毛に負担がかかるんですよね。美塾に通い始めてメイク研究を始めた頃から、まつ毛の抜け毛が気になり始めました。

でも、まつ毛パーマをかけてからはマスカラを塗らなくなったため、抜け毛が気にならなくなりました。

気になったこと

目への負担

まつ毛への負担は一見減ったように見えますが、目そのものへの負担が気になりますね。 毛髪用とまつ毛用のパーマ液の成分は変わらないなんて話を聞いたこともあります。

資格なしでパーマ液を扱っているサロンもあるらしいですし、サロン選びは慎重に行った方が良さそうです。

わたしは今までに何回かまつ毛パーマをかけたことがあるのですが、やはり上手い人と下手な人では仕上がりが天と地ほどに違います。

上手な人にやってもらうと、「パーマ液が目に入りそうで怖い」という感覚が湧きません。むしろ「え?もう終わり?」って感じ。

今回のところはまあまあ普通の感じ。

「あ!この人上手い!この人じゃなきゃダメだ!」という人に会えるといいなあ。 過去お世話になったサロンは遠すぎて通えません。

施術時間の長さ

まつ毛パーマで日々のメイクは確実に楽になります。

でも、施術時間が1時間を超えます。身動きが取れず目も開けられないので疲れます。

今回は年末に昔の友達や親戚に会うのでまつ毛パーマをかけて良かったと思います。でも、定期的に通うのは少し厳しいかな。

【結論】まつ毛パーマは、人に多く会う時期や気分転換したい時にはいいかも。

まつ毛パーマは、まつエクよりもメンテ費用がかからないし、普通のクレンジングオイルが使えるので便利だと思います。

毎日のメイクは楽になるし、まつ毛が抜けにくくもなりました。

でも、なかなか毎月やるのは大変!毎回子どもを預けるわけにもいきません。

そのときの自分の状況に合わせて、活用することをおすすめします。