ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

30代 歯列矯正体験記 ようやく精密検査!

こんにちは。30代一児の母、たらママです。

「100万使うなら、子どものために使った方がいいんじゃない?」

「いまさら歯列矯正してどうするの?」

「現状維持で何か悪いことあるの?矯正をすることによって後悔することも出てくるかもよ?」

自分自身の内側から聞こえてくる、矯正に対するネガティブな意見。

それらをバッサリ取り払い、行ってきました!精密検査。わたしが選んだのは愛知県の病院。初診相談から約一か月。やっと!やっと行けた!

いざ、精密検査

歯列矯正を迷っている人が気になることと言えば、 『時間』『費用』『痛み』『内容』ですね。

主観だらけのレポートですが、実際に経験した人にしか書けないこともあるはず…! 参考にしていただければ幸いです。

事前に言われていた所要時間は2時間

わたしの通うI矯正歯科はおそらく有名な矯正専門歯科。お医者さん曰く、子どもの矯正で他の病院から紹介されてくるケースも多いらしい。 わたしが精密検査に行った時は、他の患者さんも数名いたのですが、大人はわたしだけでした。

2時間もかかると聞いて「長いな~…。」と思っていたのですが、終わってみたら1時間半で検査終了。次から次へと言われるがまま・・という感じで、あっという間でした。

ちなみに、「唾液の検査があるので、事前の歯みがきはしないでください。」とのこと。危なかった~。 たまたま病院に用事があって直前に電話したからわかったものの、そうじゃなかったら磨いてました。(予約の時、そんなこと言われたっけ??) これからの方は、お気を付け下さい。

検査費用は54,000円

これは、高いんだか安いんだかよくわかりません。検査結果の説明でこれに加えて10,000円かかります。実質精密検査は65,000円くらいってことです。 30,000円くらいのところもあるので、内容と費用を見比べるのが大事だと思われます。

検査内容はこんな感じ。手際がよくて、ほとんど痛みなし!

内容としては、以下10種類の検査をしてもらいました。説明書?を後で見たから、ちょっと記憶があいまいなものもあり。

1:口腔内規格写真撮影

透明の器具と鏡を使って、パシャパシャ一眼レフっぽいので撮影していました。

2:顔面規格写真撮影

普通に前から斜めから写真を撮影。

3:口腔歯列模型作成用の全顎印象採得

どれのことだろうか?謎のでっかい器具を使って角度や長さを測ってたけど、あれかな。

4:咬合採得

型をとりました。以前、別の病院で違う目的で採ったときは「オエッ」とか「痛っ!」とかありましたが、今回はそういうのゼロ。上手下手ってあるんだなぁ。

5:頭の骨に対して顎の骨の3次元的位置の記録

あれ?これが謎のでっかい器具使ったやつかな?それとも3Dっぽい写真撮ってたやつ?

6:下顎の運動記録

頭に電極みたいなのくっつけてカミカミしたり顎を横や前後にずらしたりします。ガムありとガムなしでカミカミ。 検査の方がくすっと笑いながら説明してた。(決して感じの悪い笑い方ではない。)

間抜けで面白い顔になるであろう動きを、失礼にならないように丁寧に説明してくれるから、かえって笑えました。

出来心(?)で「アイーンってすればいいんですね!」って言ったらふふって笑ってくれた。

ところで、この器具、ほんのちょっとだけ痛い。鼻に当たってほんのちょっと気になった。

(器具の重さが全部鼻梁の上のあたりにかかるので仕方ない。事前に「痛いかも」と説明があったため特に問題なし。)

7:頭部レントゲン規格写真撮影(セファログラム)

名前の通り。

8:パノラマ断層レントゲン写真撮影

よくわからないけどレントゲン室で二種類撮ってたからどっちかだと思う。

9:ムシ歯・歯周病のリスク検査

ガムをカミカミして、出てきた唾液をコップにペッとする検査。

10:咀嚼筋の筋電計測

頭に器具をつけて、グーッと噛んだり、ガムをカミカミしたりしました。

精密検査を受けた感じでは、「この病院にしてよかった。」

検査は2時間の予定が1時間半ちょっと。 担当さんは静かな口調の女性で、安心して任せられました。 医師の方は最後の最後、レントゲン撮影の時だけ登場。

病院を選ぶ時は、受付の方含め、すべてのスタッフの方が信頼できるかどうかが大切だと改めて思いました。

これから病院選びをするという方は、ぜひ「初診相談」で受付スタッフの方の応答や検査スタッフの方の言動をチェックしてみてください。

今回は「当たり!」 検査の時のちょっとした声掛けや気配りが心地よく、安心して受けることができました。