ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

萌タイプに似合うアクセサリー【魅力マトリックス別ファッション考察】

さて、今日は萌タイプに似合うアクセサリーについてです。

萌タイプ向けの服やアクセサリーはいろんなお店でよく見かけます。

ある意味1番服やアクセサリーが選びやすいんじゃないかと思うのだけど、萌タイプの方はどう感じるのでしょうか。

萌はとにかくキュート。色、形、大きさ、素材全て可愛らしくてもばっちりハマる。

色、形、素材、大きさという要素の中の一部しか「かわいい」を取り入れられない清タイプに比べるとその差は一目瞭然。

色=ピンク色、形=ハートやリボン、大きさ=小ぶり、素材=やわらかいファー など、全ての要素がかわいくてもばっちり着こなせるのが萌タイプ。

清タイプのわたしからすると、わかりやすくてうらやましい。

萌タイプの魅力を引き立てるアクセサリー

雑な言い方かもしれないですが、『女の子』を感じるものが似合う。もう選び方はそれだけでいいような気さえする。

あえて細かく選ぶポイントを挙げるとしたら…

●曲線(かわいいモチーフ)

ただの流線より、ハートやリボンなど「かわいい」モチーフの形をしている方がハマりやすい。 直線でもキラキラした小さめダイヤやパールのついたものは似合う。

●かわいい色

パステルカラーはお手の物。

●小ぶりなサイズ感

言わずもがな。大きいものだとアクセサリーだけが目立ちます。

平均顔でコーディネート。こんな感じのテイストがよくお似合い。

ちなみに、萌タイプがやりがちな間違った努力をするとこんな感じに。

…うーむ。顔が寂しく見えますね。物によってはおばさんに見えたり、ダサい人に見えたりします。

かわいい人が無理して「カッコいい」に行く必要はない。

だって、比べてみるとこんな感じ。

有名人の平均顔だと顔が整いすぎてて少しわかりにくいかな?

でもやっぱり、右も悪くないけど、左のほうが断然素敵。

とはいえ、おしゃれは似合うものと好きなものの交差点を模索するのが大事

萌タイプで萌え萌えしたものが苦手な人は、上に書いた3つの要素のうち「今日は色くらいは可愛らしくしてみるかー」なんて風に、少しずつ擦り合わせていけるといいと思います。