ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

初心者でも簡単!Markdownって?よく使う記法7つ iPhoneからも簡単投稿!

はてなブログはMarkdownで書くのがおすすめ!

初心者だからこそ、Markdownで書いた方がいい

ブログを始めた約2ヶ月前。 新しいことを覚えることよりは、記事作成に時間をかけたかったわたし。HTMLの知識は多少あるものの、最初は「見たままモード」で記事を編集することにしました。

でも、後日この判断を後悔することに。 だって、Markdownのほとんどは文字の先頭にちょこっと記号を足すか、必要な文字を記号と記号で挟むだけでよいという簡単仕様。 それだけで、ブログの体裁が簡単に整えられるんです!!

わかりにくいという方のためにもう一度言います。

強調したいところの文字を大きく表示したいとか、見出しをかっこよくしたいとか、おしゃれなブログにしたいと思っているなら、ぜひ初めからMarkdown方式で書いてみてください。覚えるまでは調べながら書くことになるので時間がかかるかもしれませんが、覚えたら一気に効率が良くなります。

後から修正するのは大変!

わたしは、ちょっとの手間を惜しんで「見たままモード」で投稿していた過去2か月の自分に喝を入れてやりたい。 なぜなら、いったん見たままモードで書いた記事は、後からMarkdown方式に変換することができないんです。(逆も然り)

両方の記事が混在しているとなんか気持ち悪い…そう思っても、統一させるためにはひと手間かける必要があります。 どんな手間か?具体的に言うと、新たに記事を投稿してリライト&投稿日時やURLをカスタムするという力技をひたすらやらなければならなくなります。別に気にしなければそんなことしなくてもいいんですが。

スマホでブログを投稿するならなおさらMarkdown!筆者はiPhoneユーザーです。

Markdown方式は簡単です。HTMLタグと違って打つのに時間はかかりません。ちゃちゃっと既定の記号を入れるだけで文章の体裁を整えてくれますし、後からスタイルシートで装飾の仕方を変更することもできる優れもの。 使わない手はありません。 もしもこれからブログを始めてみようと思ってる方がいたら、最初からMarkdownで書くことをお勧めします! 見たまま記法と違ってスタイルシートであとからブログ全体のデザインが変えられますし、HTMLを併用することもできます。 それに、何より携帯から投稿する時でも、簡単にそれなりに見栄えの良い記事を作成できます!!わたしにとっての一番のメリットはそれ。この記事に関してはHTMLも多用しているのでパソコンから投稿していますが普段はスマホだけで登校しています。

今回は、自分の備忘録としてよく使っているMarkdown記法一覧表を作ってみました。 HTMLとの対応もメモしています。よかったら参考になさってください。

Markdown とりあえずこれだけは覚えよう!

MarkdownとHTMLタグの比較・対応一覧

見出し

##,###,####

  • 使い方と表示例

※行頭に#(前後は1行開ける)#の数によってh1〜6まで指定できる。(はてなブログではh3からを見出しとして認識するため、後で記載する「目次自動生成」を利用する際は注意が必要)

文字強調

_強調したい文字_ __強調したい文字__ ___強調したい文字___ 

  • 使い方と表示例

強調したい文字を下線1つ〜3つではさむ。(装飾はスタイルシートで別途指定)このブログで枠線内の通りに書くとこうなる。→強調したい文字 強調したい文字 強調したい文字

記事リンク(カード表示式)

[ブログ記事のURL:embed:cite]

目次やリスト表示もMarkdownで簡単に!

目次

[:contents]
  • 使い方と表示例

### ####などに対応して記事内で目次を自動生成。前後に文字を入れてはダメ。 はてなブログではh2は見出しとして拾ってくれないので、この記法を使う場合にはh3~6で見出しを作る必要がある。←この記事書いてて知った。ショック。

打ち消し線

~~打ち消したい言葉~~

打ち消し線

  • 使い方と表示例

こんなふうに文字を打ち消せます。

リスト表示

- リスト表示
  • 使い方と表示例

前後一行ずつ開けて記入。-の後の半角スペースも忘れずに。

  • こんな感じ

水平線

___
  • 使い方と表示例

線を引きたいところに_を連続して3つ(前後に空行が必要)