ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

部屋の整理整頓がうまくいかない?じゃあ、写真を撮ってみよう!すっきりした部屋っていいよね。

こんにちはー。たらママです。

 

今日はちょっと主婦らしい記事を書きますねヽ(・∀・)いつお客様が来ても大丈夫なお部屋にしたい方、参考にしてください。

 

目次

●『お気楽マダムのハウスキーピングブック』を読んでみた

●マダムのようにすべてのことをやれないわたしは、とりあえずこの4つを試すことにした。

○まずは一ヶ所、断捨離ではなく「仕分け」する

○部屋の写真を毎日撮る

○子どものものを一ヶ所に集める

○掃除は気合を入れてやるのでなく、『ついで』にやる

●まとめ  主婦は家族を笑顔にし、笑顔になった家族は会社や学校で新たな笑顔を生み出す

 

では、参りまーす。

 

●『お気楽マダムのハウスキーピングブック』を読んでみた

『私の家事は 、お気楽でらくちんです 。それを今日から 「お気楽チン 」と名付けてパッパと片付けてしまいましょう 。快適で穏やかな家庭は社会をより良くしていきます 。家庭円満ならば世界平和にもつながると私は本気で考えています 。』

この本の著者は、双子を含む4人の子育て経験を持ち、現在はホリスティックサロンナチュラーレの主宰をされている小沢佳子さん。

日々の生活を楽に、かつきちんと送りたいと考えているわたしにとって、共感したところがたくさん!わたしは根がズボラなので、「掃除に手間暇かけるくらいなら物を減らす」というのは大賛成です。

掃除以外にも、洗濯や料理などで明日からすぐ取り入れられることがたくさん。

この本の中に「健康であることは、ある意味社会貢献」なんて言葉があるのだけど、これって本当にその通り!

主婦だけじゃなく、すべての方に読んでもらいたいわ。

 

●マダムのようにすべてのことをやれないわたしは、とりあえずこの4つを試すことにした。

この本は家事音痴の方にも、家事を真面目にやりすぎる人にも役に立つステキな本です。

日々の生活の中で気楽にできることばかり書いてあります。でも、それでも普段やってない人にとってはいきなり実践するのが難しい場合も。

自分の中でやりたいと思ったところだけつまみ食いするのがおすすめです。

わたしは、以下の4つを自分流に実践!

○まずは一ヶ所、断捨離ではなく「仕分け」する

いるもの、いらないものではなく、『今使っているもの、今使っていないものを分ける』→『使っていないものを段ボールで1ヶ月寝かせる』→『処分or人に譲る』

子どもが生まれてからじわじわと物が増えてきているので、これは実践したいなと思いました。週1ペースで1カ所やっていきます。

 

○部屋の写真を毎日撮る

顔を毎日自撮りするだけできれいになる。体重を毎日記録するだけで体重が減る。(どちらも実体験)

これは、どちらも『客観視』ができるから。だから、この本に『部屋をすっきりさせたいときには、部屋の写真をとる』と書いてあるのをみて、大いに賛成。そういった目的での部屋の写真撮影はやったことがなかったので、さっそく撮ってみました!そしたら効果覿面。あまりのごちゃごちゃっぷりに耐えかねて、掃除しました(笑)これはいいわ。

 

○子どものものを一ヶ所に集める

我が家は赤ちゃんが生まれてから物がどんどん増えています。リビングは赤ちゃんのものだらけ。でも、子どものおもちゃや絵本は必要なもの。じゃあどうしたらいいのー?

著者「子どもコーナーを作りましょうヽ(・∀・)」

なるほど!そりゃそーだ。これならざっくりした片付けコーナーさえ作っておけば、リビング全体が赤ちゃんグッズで溢れかえるなんてことにはならない。

 

○掃除は気合を入れてやるのでなく、『ついで』にやる

この方の本だけでなく、誰かの本にも書いてありました。

『朝顔をふいたタオルで洗面台をふく』

こういう、ついでにできるお掃除方法の積み重ねで、日々お部屋がきれいに保たれるんですね。うむ。みなさん、やってますか??

 

●まとめ  主婦は家族を笑顔にし、笑顔になった家族は会社や学校でで新たな笑顔を生み出す

 

この本を読む前から思っていましたが、家庭を大切にすることはやがて社会へ還元されます。著者の言う通り、世界平和にだってつながるよ!

ということで、日々の家事能力、少しずつ磨いていくぞー(´∀`)

わたしの手のひらの中でできることが、いずれ誰かを通して大きな何かになりますように。

幸せは、毎日の生活の中に。