ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

「何を着ればいいの?!」 パーソナルカラー、骨格診断、顔タイプ診断を一通り受けてみた感想

今日は、ちょっとしたコラムです。 過去10年、『○○診断』と名のつくものを数多く受けてきたわたし。自分磨きをしたいがゆえのことだったのですが…これらについて最近思っていることを書いていきます。

○○診断の結果を受けて、おしゃれが楽しくなくなった

その診断、合っていますか?

わたしが初めてパーソナルカラー診断を受けたのは、学生時代でした。当時駆け出しのカラリストが無料で診断をしてくれるというので、面白そうだと思ってやってもらったんです。

そしたら結果はオータム。

くすんだ色や深みのある色が多く属するオータム。わたしは素直に『へー!じゃあそういう色の服を着れば素敵に見えるんだ!』とファッションを切り替え。

でも、なんだかおかしい。

どうにもオータムの色が似合わない。学生なのに、おばさんにしか見えないんです。その後何回かカラーの診断を受けましたが、人によって結果がコロコロ変わりました。

『人の診断って、なんて当てにならないんだろう?』

『最近、なんか服選びが楽しくないな…。』そう思いました。

最終的には、納得がいかずにパーソナルカラー診断のプロコースを受講。

結果、今は『無理にフォーシーズンに分ける必要はない。』『似合う彩度、明度、色相の傾向さえ知っていればいい。』という立場をとっておりますヽ(・∀・)えへ

それくらいの傾向がわかっていれば、後は着る服のシルエットや素材の印象によって、色の持つ印象や性質(やさしそう、クール、かわいい、かっこいい、さわやか、カジュアル、フォーマル、エレガント…などなど)を強くさせたり弱くさせたり…自分に似合うように調整しやすくなると思います。

○○診断をするのは、なんのため?

『今よりももっと輝く自分になるため!』

決して、誰かの思う『わたしらしさ』に合わせるためじゃありません。

え?そんなの当たり前?そうかもしれませんね(o^^o)

外見は内面を輝かせる

実はわたし、美塾の他にもお世話になっている外見磨きのプロがいます。

でね、最近、その方のレッスンを受けてるんです。その中で、なんでわたしが外見を磨きたいと思ったのか、本質的な部分に気づいたんです。

『自分で自分を大切にしたかった』

え?何言ってるの?って思いますか。

それとも、うんうんって思いますか。

イメージコンサルタントの世界では有名な言葉なのかな?『外見は内面の一番外側』

どんなに中身が凛としていても、くたびれた服を着ていては、そんなオーラが出てしまう。だから、着る服は自分を高めてくれるものを!

自分の身をまとうものを大切にすることって、自分を愛する(о´∀`о)ことだと感じています。内面から輝くために、外見を大切にしましょ。

『似合う』と『好き』の交差点を見つけて

○○診断は楽しいです。センスではどうにもならないものを理解するのに役立ちます。

でも、最終的には自分の服は好きなものを着るのが一番楽しいと思うんです。だって、服装ってその人自身を表現するものだから。 『顔つきや骨格、顔映りが〇〇だからこれが似合う』 それもあるんだけど、 『わたしは○○でありたいから、□□を着る』

でもまあ、その時にあまりにも似合ってないとかっこ悪い。

だから、『好きなものを似合うように着る』ために、『好き』と『似合う』の交差点をうまく見つけられたらいいよね、と思うのです( ^ω^ )診断は診断で活用してほしいけど、どうか診断結果を盲信しないでほしい。

これは、過去の自分へのメッセージ。

必要な方へ、届きますように。