ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

魅力マトリックス別アイブロウ 美塾中級(1)眉毛の形・濃さ・太さ

こんばんは。たらママです。

先日、ついに美塾の中級クラスへ参加してまいりました( ´ ▽ ` )

今日は初回「アイブロウ」のレポートです。

中級の生徒さんは初級のときと印象が違う

少し垢抜けた印象の生徒さんたち

美塾では、初級、中級、上級と毎回違う生徒さんたちと一緒に、3から8人のグループでメイクを学んでいくことになります。

中級は初級を修了していないと進めないコース。当然ながらメンバーの雰囲気も初級とは違います。

正直、初級のときは「この人、きれいになる気あるのかなぁ?」と思ってしまうような人もいました。宿題はやってこないし、遅刻ばかり。欠席連絡もなしだし、いつも来るときはすっぴん…。(美塾では毎回ベストのメイクをして来るように言われています)まあ、人は人なのでいいのかもしれませんが…。

わたしが思うに、大人になって習い事に来るような人は、自分を高めたいという人が多い。そんな方達と出会うことを楽しみにしているので、初級のときは毎回遅刻して来る人がいるということに衝撃を受けました。

安くはないお金を払って、時間も使って来ているのに、いいのかなー?と。

それが、中級では雰囲気が変わりました。初級初回ではオドオドしている子や自信のなさそうな人がいたのですが、中級では少し垢抜けた感じで、みんな落ち着いていました。

お金を出して、メイク教室に通う。中級まで継続すると決めた時点でやる気から違うのだと思います。

いざ、レッスンスタート!

まずはこれ。目標設定!

今回のレッスンで一番大事にしているなと思ったのは目標設定です。初級のときも、「初級が終わった時にどうなっていたいですか?」という目標設定をしましたが、今回もしっかりそこに時間を割き、目標設定。

「中級が終わった時に、どんな風になっていたいですか?」

「ゴールがあれば、それに向けて具体的な行動を起こすことができるんです。知っていても、やらなきゃ変わらないんです。だから目標は大切です。」

講師の方が熱く語っておられました(^_^*)

確かにその通り!

美塾はメイクをメインテーマにしたコーチングかもしれない

上述しましたが、美塾のクラスでまず真っ先に行うのが目標設定です。この目標設定の際、講師の方が一言。

「きれいになるのは生徒さん本人。わたしにきれいにしてもらおうとは思わないでください。

美塾の講師はコーチだな、と思いました。もちろん、メイクのテクニックも教えてくれますのでティーチャーでもありますが。

結局、一人一人が立てた目標に向けて進むのはあくまで受講者本人。講師はそのサポートをするだけ。

このスタンス、好きです。

美塾は決してお安いレッスンではありませんが、メイクに特化したコーチングをしてもらっているのだと思えば妥当な金額に思えてきました。

月に2回、レッスンで知識やテクニックを教えてもらい、家で実践を続ける。宿題にも取り組み、次のレッスンでコーチからフィードバックしてもらう。真剣に取り組めば、必ずきれいになれると思います。毎日のメイクに取り組むのは自分です。

アイブロウのレッスンって何するの?

まずはアイブロウの基本テクニックを教えてもらいました。また、魅力マトリックス別に似合う眉の解説もあります。一通り教えてもらったらあとは実践するのみ。長さや太さ、薄さをあれこれ変えて、自分の顔にどんな眉が似合うかを検証しました。 これだけ聞くと 「家で試すだけでいいじゃん」って思う方もいるかもしれないですね。

でも、美塾のいいところはグループレッスンであるということ! 講師の方や他のメンバーに、「これだとやりすぎかなー?」「こっちの眉の方がいい?」なんて話しながら検証できます。

友達だと普段から顔を合わせているので、見慣れない=似合わないと感じてしまうかもしれませんが、美塾のメンバーは基本的には初めて会う方ばかり。客観的な意見を聞くことができるのでいいですよね(・∀・)

わたしは今回、普段よりちょい長めに描いてもOKだということが判明。自分では「やりすぎかな?」と思っても、人から見たらそうでもないことも多いみたい。 「え?平気だよー。いい感じ!」 参考になりました。

今回の宿題は技術的なもの

初級の宿題は自分の魅力を聞いてくるという宿題でした。中級では、技術的なものが宿題になります。今回は眉に関連したもの。

まあ、こちらは実際に講座を受けないと意味がないと思いますのでこちらでは明かしません。参加してからの楽しみにしてください(^_-)

中級はまだまだ続きます。よかったら次のレポートもご覧くださいね。