ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

主婦は楽しい!専業主婦は2億円損をするっていうけれど。

こんにちは。たらママです。

昨年、『専業主婦は2億円損をする』(著)橘玲 氏 が発売されました。わたし自身は読んでないけど、ネットでレビューを読んだところ、「専業主婦は金にならない。それに、自己実現できないよ。さあ、みんな働こうぜ!」というような内容らしい。

 

確かに、わたしが退職を迷った理由もそんなところだった。経済的に一馬力になるのが不安だったし、せっかく積んできたキャリアを手放すことももったいない気がした。経済的余裕のある日々に、安心な老後。これは、働いているからこそのもの。簡単に手放してしまってよいのだろうか…?と。

 

でも、それだけたくさん働いていても、手に入らないものがたくさんありました。

ゆったりした時間に、何も考えなくてよい休日。質の良い睡眠。栄養のある食事。子ども。

 

毎日毎日、夫婦ともに朝から晩まで働く日々。息抜きでテレビを見ていたら、2人してうっかりソファで眠ってしまったこともあったなあ…。朝ごはんを食べるくらいなら眠っていたくて、何も食べずに出社する日もあった。そもそも、疲れが取れずに朝食をとる元気すらない時も…。週末はいつもふらふらで、週1日の休みの日には、次の週の仕事のことばかり。

 

どうなんでしょ、これ。

 

少なくともわたしはちっとも満たされていなかった。マズローの欲求五段階説で言ったら、生理的欲求が満たされていない状態です。毎日毎日、眠かった…。

 

「もういいや、辞めちゃおう。何年も迷ってたんだから…。もう十分頑張ったよ。わたし。」

 

何百万円ものお金が急に入らなくなりましたし、育休をとって仕事を続けていれば入ってきたはずのお金のことも考えれば確かに『もったいない』のかもしれない。

 

でも、わたしは仕事を辞めてぐっすり眠れるようになった。イビキも寝言も歯ぎしりもさようなら。婦人科系疾患を患っていましたがいつのまにか完治し、子どもを授かり、無事産むことができました。そして、毎日手作りのご飯を用意して、家族でにこにこ過ごしています、

お金では買えない幸せがそこにはありました。

 

「たらママが仕事を辞めてくれて、正直ホッとしてる。いつも疲れてたもんね。おつかれさま。」

 

仕事を辞めてからしばらくして、夫と話していたら、こんなことを言われました。

 

ハードな毎日を送っていた会社員時代。夫は、わたしの仕事について続けて欲しいとも辞めて欲しいとも言いませんでした。

「たらママの人生だから、たらママの納得できるようにしてほしい。」

 

今思い返すと、髪を振り乱し働くわたしを、よくぞ温かく見守ってくれたと思います。

 

今、仕事を辞めて1年半。あの時の選択はいまだに間違っていなかったと思っています。

働きたくなったら、働けばいい。

キャリアは途絶えたって、今までやってきたことがなくなるわけじゃない。それどころか、子どもを育てたり、料理や家事に専念するという新たな経験を経て、パワーアップすることができる…!

 

家族とともに笑う。

わたしにとっての幸せは、ここにある。

そんなふうに今、思っています。

 

ということで、専業主婦って幸せよ!子育てって楽しいよ!というのがわたしの意見。

もちろん、働いてる兼業主婦も、ワークライフバランスがとれてたらハッピーだと思うし、価値観は人それぞれ。

自分の幸せは自分にしかわからないのと同様、人の幸せもその人にしかわからないと思うのです。ゆったり過ごす時間に価値を見出す人もいれば、お金に価値を見出す人もいる。どれが正解ってのはないんです。

 

ただこのテーマ、今回のような主観的なもの以外にも、視点が色々あるんですよねー。

本の作者が言いたいのであろう経済的な面や『自己実現』、社会全体の発展にフォーカスして論争するのも意味のあることだとは思うので、いずれ気が向いたら視点を変えて記事にしてみたいと思います(・∀・)