ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

母として 災害が起きて思うこと

大雨や台風、地震など自然災害というのはいつ起きてもおかしくないもの。それは分かっているのだけれど、その恐ろしさを忘れてしまうときがある。

今回の北海道地震は、わたしがたまたま授乳で起きていた夜中に、遠い地で起きた。これが、自分の住んでいる土地で、熟睡中だったら…?文字を打つ手が重くなる。

安否不明の方を身近に持つ方の不安はどれほどのものか。無事を確認できた知人は、とにかく情報が欲しいと言っていた。ちなみに、知人は携帯の電池が残っていたため、SNSで情報収集と無事の報告をしていた。これが子どもやお年寄りだけの時だったら…?改めて、避難グッズを見直そうと思った。

水は1人当たり3リットル×3日分、食料1週間分。懐中電灯にラジオ、アルミシートに軍手、ミルク、オムツ、ティッシュに電気コンロ、ゴミ袋に流さないシャンプー、絆創膏…今うちにあるのはこれくらいかな?

 

大切な大切な家族。守れるように備えなくては。

 

9月1日は防災の日で、翌2日には、うちの地域でも避難訓練があった。夫は「せっかくの休みなのにー」と言っていたが、参加させてもらえることはすごくありがたいことだと思う。応急処置の仕方や、災害時に向けた準備など、この機会に意識できたと言っていたから。

 

人のことではなく自分のこと、テレビやインターネットの向こうで何が起きているのか、知るのは辛いけど、知らなくてはと思う。