ママたら!

『ママだからこそ自分磨きを!』わくわくすることにどんどんトライし、発信&シェアしています。

【妻育て】妻が動いてくれないというあなたへ

こんばんは。北海道で地震が起きましたね。停電に断水…一刻も早くライフラインが復旧することを祈ります。

 

さて、今日のテーマは【妻育て】

『夫育て』という言葉、聞いたことありますか?

男性は夫として、父としての自覚を持たない方が多いらしく、「その方達を育てるのも妻の仕事よ!」という意見をお持ちの方が広めたものではないかと思われます。

 

けれど、世の中の男性みんながそうではありませんよね?

わたしは、どちらかというと夫育てをする側でなく、妻育てをされました(´∀`)

おそらく、夫に自覚はありません。

グータラ妻を少しはまともにしてくれた夫に感謝です。

 

結婚当初(2人とも週一休み、夜8時帰宅)

●料理は肉や魚を焼いて、焼肉のたれや醤油で味付け。味噌汁の具は常に豆腐と油揚げ

●平日の半分は惣菜を買ってくる。味噌汁の出汁は粉のやつ。

●調味料が賞味期限内に使い切れなくて、捨ててしまうこと多々。

●家事は半々。

●朝ごはんを食べるより、寝ていたい。

★わたし…夜ご飯準備、洗濯干す

★夫…風呂掃除、ゴミ捨て、皿洗い

★共同作業…朝ごはん準備、洗濯たたむ

★ロボット…床掃除

 

それが、退職後はこうなりました。

●みりん、しょうゆ、さとう、酒、塩、酢、片栗粉、などの調味料をちゃんと(?)組み合わせて味付け

●味噌汁は自分で出汁をとる。もちろんサボる時もある。

●朝から和食をしっかり食べることが増えた

●家事分担見直し

★わたし…料理、洗濯、掃除、息子のお世話、風呂掃除

★夫…ゴミ捨て、息子と入浴、皿洗い、朝のおにぎり作り(夜中の授乳で疲れ果て、わたしが起きれない時)

 

一番大きな変化は料理。

 

毎日毎日、夫は感謝の言葉を口にしてくれます。

「いつも美味しいご飯をありがとう。」

これは、ズボラご飯を作っていた共働き時代からずっとです。

感謝されると気がひけるようなメニューでも、夫は常にありがとうと言い続けてくれました。

これは、長い時間をかけて「あんな風に言ってくれるんだから、頑張って美味しいものを作ろう!」というやる気を引き出してくれました。そして、実際に一汁一菜から、一汁二菜、三菜へとステップアップしていきました。(出産後はさすがにまた一汁一菜に戻ってますが…)

食事内容も健康的なものに変え、栄養バランスを考慮して作っています。

 

これを読んでくださっている男性の方、奥さんに毎日ありがとうを伝えていますか?

ご飯、おいしいよって伝えていますか?

 

奥さんがなかなか家のことをやってくれないと思っているあなた。奥さんは疲れちゃってませんか?

 

わたしは夫と結婚して幸せだなあと思います。言葉を惜しまない人だからです。

 

感謝の気持ちを言葉にしてくれることがどんなに自分の心を温かくしてくれることか。

 

「いつもお仕事ありがとう。」

わたしも、夫にしょっちゅう言っています。月に4回しか休まず、毎日毎日働いてくれている夫。感謝してもしきれません。

 

日々お仕事に頑張っているあなた。おつかれさまです。ぜひ、奥さんも労ってくださいね。